クロールの泳ぎ方はこんな感じクロールの泳ぎ方 Q&A2ビート・6ビート

クロールの泳ぎ方 Q&A

クロールの泳ぎ方はこんな感じ

クロールの泳ぎ方は私の記憶では3種類あると思っています。

2ビート、6ビート、2ビートクロスオーバー(4ビート)です。

しかし、この方法でも一般の方に使用されるのであれば、2種類でご紹介をしています。


それは、ゆっくり泳ぐクロールと速いクロールです。

速いクロールは6ビートを意識し、ゆっくりのクロールは2ビートを意識します。



スピードが遅いのに6回キックを入れる必要もありませんし、速く泳ぐのには手だけの力で進む2ビートのクロールでは無理があります。


泳ぎ手は速く泳いでいる時と遅くゆっくり泳いでいる時の感覚が明らかに違うように意識する事が重要です。


例えば陸上の歩いている時の気持ちと走っている時の気持ちは明らかに違うはずです。

ゆっくりと景色を眺め「きれいだなぁ〜」とか「お昼何食べようかなぁ〜」とか思っていますよね。

運動会の徒競走では夢中で走っていますよね。


この違いが泳ぎでも出来るようにさせる為に2ビートと6ビートを使います。


ここでよく質問されるのが「私は本当に一生懸命、夢中に泳いでいるのに凄く遅いんです。
どうすればいいですか?」と言う質問です。

私の答えは「ではもっと遅い他の事も考えられる泳ぎを覚えていきましょう」です。


上記したように、速い、遅いは第三者からの見た目ではなく、泳ぎ手の意識が重要なのです。


ですから、一生懸命、夢中に手足を動かしている人は見た目は、遅いクロールですが、本人は速いクロールを泳いでいるのです。

という事は私の教えるクロールは2種類、遅いクロールと速いクロールで、あればこの人には遅いクロールを教えてあげて、気持ちが切り替われば水泳をもっと楽しめるはずです。


実際に見た目のスピードはあまり変わらなくても気持ちが楽になり長距離に挑戦する泳ぎが出来上がっていく生徒さんは沢山いらっしゃいます。


どんな気持ちでクロールを泳いでいるかもう一度考えながらトレーニングしてみませんか?



必ず気持ちの中での泳ぎ分けが出来るはずです(^^ゞ

<<有名人に会ったことはありますか?クロールの泳ぎ方はこんな感じのトップへ立つことから始めよう>>

コメント一覧

    • 1. こんにちは。
    • 2011年04月06日 20:57
    • 3 早く泳ぎたいのに、遅い泳ぎの説明をされてもその人のモチベーションは維持できないと思います。

      早くするには、まずは遅い泳ぎでしっかり練習すること、とか、早くなるためにはどうしたらいいかの意識改善をしてあげないと、できる人の押し売りでしかなくなってしまうと思います。
    • 2. すー
    • 2011年04月10日 20:37
    • こんばんは、そうですね。
      言葉足らずで申し訳ありません。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
このブログはクロールの泳ぎ方を覚えたいっ!と、思った貴方に少しでもお役に立てる情報を提供出来るよう努力していきます。 m(__)m    
クロールの泳ぎ方はこんな感じ


度付きゴーグルの決定版!
ブログランキング参加中
他の水泳blogはこちらから(^o^)丿
応援よろしくお願いします。m(__)m
    ↓ ↓ ↓
クロールの泳ぎ方はこんな感じ
皆様の応援のおかげで(T_T)
    ↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

これからも
より一層努力致しますm(__)m
最新コメント
やってるのはこんな感じ
SEO対策はコレ
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
相互リンク・SEO相性占いSEO