クロールの泳ぎ方はこんな感じ初級クロールクロールの泳ぎ方「手の動き」「手のひらの形」

初級クロール

クロールの泳ぎ方はこんな感じ

クロールの泳ぎ方「の動き」 「のひらの形」

クロールの泳ぎ方とキック動作が身についたら次はストローク動作の導入ですが、キックが余裕をもって行えていないと苦労することになってしまうので、ストローク練習をしながら板キックの距離的(15m〜25m)な練習による持久力の向上とキックの反復練習を充分に行っていきましょう。

クロールの泳ぎ方の手の動作は大変細かいので特に初心者の方は、「手・・・、肘は・・・、肩は・・・」とフォームにポイントをおくため、腕全体の動きが「ぎごちなく」なってしまいます。

この段階では、腕を肩から中心に大きく回すだけをポイントに置いて練習しましょう。

ここでの皆さんの注意点はクロールの泳ぎ方は千差万別なので選手のようなストローク、腕の動きにとらわれないことです、ご自分にあったタイミングで腕を動かし方を回し疲れないことと、一回の動きで良く進む事を目標に置きましょう。

例えば、初めての動作を行う方はクロールの泳ぎ方の「S字ストローク」は必要ありません。

次にてのひらの形ですが、私の表現では「冬の寒い時にストーブに手をかざす時の形で動かしましょう」と言っています。

これは寒い時に熱を手全体に伝える為に自然に行っている形だからです、要するにこの形で水の中を動かせば一番水がまとわりついてくると言う理論です。

ここで皆さんがイメージするクロールの泳ぎ方の手の形と、私のイメージしている手の形が一緒になっていれば良いのですが・・・(-_-;)

言葉で良くない形を表現すると「指に力が入っている」「手のひらがおわんのように丸くなっている」「指がそっている」「五本の指に隙間がなくピタッと隙間なくくっついいる」「ジャンケンのパーのように手が力強く開いている」などが悪い状態です。

う〜ん難しい(@_@)

とりあえずPCの前で手を見つめてみましょう(^o^)丿

必ず感覚はつかめます!!!

 

 

ちょっとは役に立ったなぁ〜と想って頂いたら

1日に1クリックで投票お願い致しますm(__)m

ランキング広告ドットコム

人気blogランキングへ

まだまだの方はブルーリンクページへGO!!!次は満足させます!、いや、満足して頂いたらいいなぁ〜


<<クロールの泳ぎ方「呼吸の向き」クロールの泳ぎ方はこんな感じのトップへみんながんばれ〜!!!>>

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
このブログはクロールの泳ぎ方を覚えたいっ!と、思った貴方に少しでもお役に立てる情報を提供出来るよう努力していきます。 m(__)m    
クロールの泳ぎ方はこんな感じ


度付きゴーグルの決定版!
ブログランキング参加中
他の水泳blogはこちらから(^o^)丿
応援よろしくお願いします。m(__)m
    ↓ ↓ ↓
クロールの泳ぎ方はこんな感じ
皆様の応援のおかげで(T_T)
    ↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

これからも
より一層努力致しますm(__)m
最新コメント
やってるのはこんな感じ
SEO対策はコレ
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
相互リンク・SEO相性占いSEO